僕が通信制高校に通って良かったことと悪かったこと

僕が大阪の通信制高校に通って良かったこともあったし悪かったこともありました。ちょっとまとめました!自分の意見だけじゃなくて、友達が話していた情報も入っています。

【通信制高校に通って良かったこと】

・校則が緩い
・余暇が多い
・勉強以外にも精を出せる
・普通の高校生では出来ない体験ができる(留学・バイト・免許や資格)
・同じような境遇の子が多いので、理解が得られる
・様々な人がいるから面白い
・先生との距離が近く、優しい
・テスト・授業(レポート)内容が易しい
・1人で通学しても全く気にされない。
・イジメはほぼないと思う

【通信制高校に通って悪かったこと】

・昔よりは良くなったが、偏見の目を向けられる
・弱い意志で入学すれば、すぐに底辺まで転がり落ちる。
・努力(バイト、勉強)をしていなかったら、進学も就職も困難。
・ある程度のコミュニケーション能力がないと友人はできない。
・高校生あるあるの青春は皆無。
・大学・就職先によっては偏見で落とされる事アリ。
・地元の知り合いと会うのが恐怖。
・人によっては学歴コンプに陥り、途方もない大学目標を決める事アリ。

僕は通信に転校して全く後悔はしていませんが、現実に耐え切れずに不登校を再発したり、退学をしてしまう子も多いのも事実です。逆に通信制高校に転入したことで、対人関係に悩まなくなって、生き生きして人生が変わったという人もいます。結局はその人の心の持ちようだったり向いてるか向いていないかです。参考までに。